SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
mind wanderer page

new ground seeker

<< アイスクリーム | main | 荷物 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
荷物
日本からチリ宛に送った荷物が届かない。
今回は9月20日にチリに到着したので、21日に荷物が届くように手配したのだが、まだ通関で止まっているらしい。
そもそも、日本で引っ越し業者を探した際に、チリの田舎のプエルトモントまでdoor to doorで荷物を運んでくれる業者は、俺の調べでは2社しかなかった。
見積もりを出してきた両社の金額には1.5倍程の違いがあった。

高い見積もりを出してきた方は船便、安い方は航空便。
船便だと最低到着までに2か月かかるが、航空便だと10日前後。

ここプエルトモントでやることが無くて暇を持て余すことは目に見えていた。
そこで荷物には俺の遊び道具がかなり積まれている。
ここで重要だったのが、輸送中の荷物の扱いだ。
俺が運びたいものは電子機械が多い。


さて、船便と航空便どちらが丁寧に荷物を運んでくれるでしょうか?


答え) 運次第、あるいは梱包次第。(参考意見:成田空港税関職員、横浜港湾通関業者、Fedex社員)


あくまで俺の狭い交友関係の中で調べた事なので確証は無いが、はっきりとこちらが安全という答えが出なかった為、今回俺は航空便を選択した。
料金は、550圓100万5千円(保険込、関税抜き)

結構な金額である。

が、まだ荷物が届かない。
荷物が届かないとあらゆる面で俺の生活が不自由になる。

例えば、今回チリに来る際に苦労して運んできた機材だが、これは100Vの電圧が必要だ。
だがチリは220Vの国。
そこで俺は、1,500Wまで対応できる100V⇒220Vの変圧器を購入したのだが、この変圧器がまだ来ない為、機材が使用できない。
ガスクッカーと冷蔵庫をこちらで購入したが、まな板、包丁等々の器具がまだ届かない為、料理をしようにも、道具がない。
こちらで買って荷物がすぐ届くのも癪だ。

俺、今、完全に中途半端っす。







| diary | 09:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:44 | - | - |
コメント
コメントする