SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
mind wanderer page

new ground seeker

<< 荷物 | main | 久しぶりのGood news >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
荷物
本日またUPSから連絡あり。
俺の荷物が、さらなる検査の対象になったらしい。
俺はチリではまだ労働ビザ申請中の身分だ。
事前に税関には仮のビザと、チリ法人と俺との労働契約書のコピーを提出していたのだが、いかんせん荷物が多かったらしく、こいつ怪しいという事になったらしい。

電話してきた奴も言っていたし、俺も同感なのだが、こういうのは完全に運だと思う。
運が良ければ、何事もなくすんなり税関をパスし、無駄なコストもかからない。
運が悪ければ、足止めを食らい、思わぬ出費を科せられる。
要は現場の担当者次第だ。

最悪の場合今回、俺はさらに関税を払う事になる。
今までに払った金額は、あくまでチリに住んでいる人間が払うべきもので、外国人のそれとは税率が違うらしい。

ここで、一つ考えてしまう。

例えば仮に関税をさらに100万円請求してきた場合、自分はどうするか?
100万かけて運んできたものに、さらに100万かけて荷物を受けとるべきか?
受け取らない選択をした場合、さらにチリ⇒日本の輸送費を負担することになる。

関税が200万円だとすると、間違いなくシップバックなのだが、微妙に迷う金額であった場合、どういう判断を下すべきか?

絶妙な金額を指されて、かなりのコストを負担し、荷物も壊れていたなんてのが最悪のパターンだが、一応考えておかないといけない。

めんどくさい事になってきた。



| diary | 06:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 06:44 | - | - |
コメント
コメントする