SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
mind wanderer page

new ground seeker

<< もて日 | main | プエルトモントのジャンベ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
プエルトモントドッグ
ここプエルトモントは野良犬が多い。
しかも結構でかい奴等がうようよいる。
今まで痩せこけた犬を見たことがないので、それなりに食に関してよい環境なのだろう。
毛並みなんかも立派な奴とか結構いる。

インドでも同じく、大きな犬達が街中をうようよし、群れを成していたのをよく憶えている。
こっちの犬も全く同じで、大抵5匹程度で行動している。
違いがあるとすれば、インドの犬は夜に絶対出会いたくないほど凶暴だったが、こちらは今まで危険を感じた事はない。
しかし、初めてプエルトモントを車で運転すると、犬に対して恐怖を感じると思う。

奴等は、道行く車に対して、正面から猛然とダッシュしてくる。
しかもかなりの勢いとスピードで、突然仕掛けてくる。
初めてこの攻撃を受けた際は、「危ない!」と思い、ブレーキを踏んでしまった。
それくらい車のバンパーギリギリまで近づいてくるのだ。
歩行中に攻撃を受けている車を目撃すると、ぶつかる寸前でシャープな切り返しをしているのがよく分かる。

きっと今大流行している遊びなのだろう。
危険と楽しさが紙一重なのは一緒ということか。

ちなみに、今までの経験から、犬が3匹くらい猛然と車に向かって走って来た時は慌てない方がいい。
慌てず、何事もなくそのまま運転するのがいい。
下手にハンドルを切ったり、ブレーキを踏んだ為に、事故も起きているようだ。





 
| diary | 11:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:44 | - | - |
コメント
コメントする